【AGG・LQD】 最近の投資運用実績報告

投資 投資

投資を始めて約1年半。今日は米国債券ETFのAGG・LQDの運用実績を振り返ってみました。

SBI証券(2021年7月10日時点)から。

 

1、AGG

開始2020年2月(1年6か月)

最初は1口でしたが、最近は40,000円を上限にして、月2回定期買付しています。

取得金額 10,902.39USD

評価額  10,758.24USD

評価損益 -144.15USD(-1.32%

分配金  +89.68USD (+0.82%

合計   -54.47USD (-0.50%

 

2、LQD

開始2020年2月(1年6か月)

最初は1口でしたが、最近は40,000円を上限にして、月2回定期買付しています。

取得金額 11,644.08USD

評価額  11,729.34USD

評価損益 + 85.26USD(+0.73%

分配金  +130.97USD(+1.12%

合計   +216.23USD(+1.86%

 

現時点では円安傾向のため、円換算ではどちらもプラスです。

リスクヘッジと考えているので、大きなマイナスにならなければ良いと思っています。

今後も地道に定期買付する予定です。

ちなみにETFを定期買付できるのは今のところSBI証券だけのようです。(違ったらすみません)

 

【参考】

※SBI証券・・・オンライン証券事業を中核とする日本の証券会社。

※ETF・・・Exchange Traded Fund の略で、日本語では上場投資信託のことを言う。

※AGG・・・は正式にはiシェアーズ・コア米国総合債券ETF。ブラックロック社のETFです。バークレイズ米国総合インデックスに連動する。

※LQD・・・正式名称はiシェアーズ iBoxx米ドル建て投資適格社債ETF、ドル建てで発行されている社債1500銘柄以上で構成されているETF。投資適格とされるBBB以上の格付けを獲得している銘柄のみで構成されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました