【ジュニアNISA口座】 最近の投資運用実績報告

投資 投資

今日は投資信託SBI・V・S&P500の運用実績を振り返ってみました。

 

SBI証券(2021年7月13日時点)から。

 

SBI・V・S&P500

開始2020年8月(11か月)

年間80万円になるように、毎日10,000円ずつ、最近は15,000円を月4回定期買付しています。

取得金額 1,130,023円

評価額  1,421,633円

評価損益 +291,610(+25.80%

分配金  なし(再投資)

 

まだ1年に満たないジュニアNISA口座。

年間80万円になるように、適当に分割して定期買付しています。

ジュニアNISAは2023年で終了のため、私の子供の場合、非課税枠は4年間で320万円までとなります。

 

ほぼほったらかしでしたが、時々チェックすることは大事ですね。

今後も地道に定期買付する予定です。

 

次回は高配当日本株。

集計に時間がかかりそうです。

 

【参考】

※SBI証券・・・オンライン証券事業を中核とする日本の証券会社。

※ETF・・・Exchange Traded Fund の略で、日本語では上場投資信託のことを言う。

※ジュニアNISA・・・2016年度から始まった未成年者を対象とした少額投資非課税制度。未成年者(0~19歳)を対象に、年間80万円分の非課税投資枠が設定され、上場株式、株式投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となる。

※SBI・V・S&P500・・・主としてETFに投資し、米国の代表的な株価指数であるS&P500指数(円換算ベース)に連動する投資成果をめざす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました