オーケストラその後

オーケストラ

新型コロナウイルスの影響で、ストップしていたオケの練習が、ようやく来月から再開されます。

ただ、今秋の演奏会で予定していた曲は中止になり、練習再開できるのは弦楽器だけのようです。

地域によっては、すでに管楽器OKになっているようなので、

9月以降はそちらの地域に遠征して練習することになりそうです。

 

一般的に、管楽器は唾を吹き飛ばすイメージがあるのでしょうね。

カラオケや合唱に比べると唾の飛散は少ないので、感染リスクは低いと思うのですけどね。

 

演奏会は小編成の曲でモーツァルトとかベートーヴェンあたりの古典派、もしくはアンサンブル大会になりそうです。

オケでのトロンボーンの出番はないので、A to Laは、金管アンサンブルをすることになりそうです。

 

金管アンサンブルにもいろいろバリエーションがあり、トランペット、トロンボーン、チューバあたりが基本になります。

アンサンブルはたまーにすることはありますが、ちゃんとしたホールで演奏する機会はめったにないので、気合入れて練習しようと思います。

 

それにしても、withコロナ。

今の状況から判断すると、新型コロナウイルスが終息するには、相当な年月がかかりそうですね。

 

今後は、

屋内は陽圧に、

 

外出するときは常に、

宇宙服みたいな防護服を着て、

ガスマスクみたいなマスクをつけて、

フェイスシールドをつけて

 

という生活スタイルが定着するのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました