商品売買に関する記帳方法

簿記

試験まで残り3か月、問題集に取り組む日々のA to Laです。

 

簿記試験で商品売買に関する記帳方法が3法あります。

 

【三分法】

仕入勘定、売上勘定を用いる。

決算整理仕訳が必要。(繰越商品勘定:しっくり栗、浮く・牛・食う)

 

【分記法】

商品勘定と商品売買益勘定を用いる。

三分法での仕入勘定→商品勘定

三分法での売上勘定→商品勘定+商品売買益勘定

決算整理仕訳不要。

 

【売上原価対立法】つど法

売上勘定、商品勘定、売上原価勘定を用いる。

 三分法での売上勘定→売上勘定

三分法での仕入勘定→商品勘定

※売上時に商品勘定から売上原価勘定へ振り替える

決算整理仕訳不要。

 

※今日は、「つど法」を覚えましょう。

「売上時…うう牛」

  売掛金 /売 上

  売上原価/商 品

 

11月に向けて頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました