2020年上半期金融商品投資成績

投資

金融商品への投資を始めて半年、まだまだひよっこ投資家のA to Laです。

 

2020年1月、NISAから始め、長期保有のみで資産運用を目指しています。

 

ちょっと遅くなりましたが、2020年上半期(1月~6月)のご報告を致します。

3月、4月はどうなるかと思いましたが、何とかプラスのようです。

 

1、NISA、iDeCo

>>>小額なのですが、楽天VTや楽天VTIへ定期買い付けしています。

微々たるものですが、一応収益はプラスでした。

※NISA…Nippon Individual Savings Accountの略。「少額投資非課税制度」のこと。

※iDeCo…individual-type Defined Contribution pension planの略。「個人型確定拠出年金」のこと。

 

2、日本高配当株

「こびと株」さんの言う通り、日本株約30銘柄に毎月投資しています。

3月時点では投資額も少なかったため、配当金は16,000円程度でした。

株価損益を含めるとマイナスでした。

予想外に回復したので良かったです。

 

3、米国ETF

SPYD、VYM、HDVを中心の配当金、米国債券の分配金がちょろちょろ入金され、合わせて約90ドル。こちらの損益はプラスでした。

※ETF…Exchange Traded Fundの略で「上場投資信託」のこと。

※米国高配当ETF…SPYD、VYM、HDVの3銘柄が有名どころ。

 

まとめると、コロナ禍で大変な相場でしたが、

ドルコスト平均法・定期買い付けを行っていたおかげで、

大きな痛手を被ることもなく、順調な滑り出しに思います。

 

とりあえず、下半期も大きく動かず、淡々と投資を続けていこうと思います。

めざせFIRE!

※FIRE…Financial Independence, Retire Earlyの略で、「経済的自由かつ早期リタイア」のこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました